Q 去年の11月にフェリチンの数値を測りました。その結果が先日出まして、なんと15.3ng/mlしかありませんでした。自分自身そこまで低いとは思ってなかったので、ちょっとショックでした。そこで、コーダサプリメントを試してみたいと思っているのですが、とりあえずヘム鉄ジェントルフェリチン対策から始めるのがよいのでしょうか?それとも全種類そろえたほうがいいのでしょうか?迷っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

A

フェリチン、低かったですね。まずは80ng/mlを目指し、それをキープしましょう。フェリチン数値があがると、心も身体もいろいろと変化しますよ。橋本翔太が推薦する方法は、これを機会に栄養メンタル療法で食事をみなおし、サプリメント一式のセットではじめることをおすすめします。

あるいは、【ヘム鉄・ビタミンB・アミノ酸・亜鉛マグ】の4点だけでも、はじめていただくと、ヘム鉄だけよりも身体と心に効果は現れやすくなります。なぜなら、ヘム鉄が低い場合、身体の他の部分もかなりガタがきているからです。ヘム鉄だけ低くて、後は良好、問題無し、ということはありません。ヘム鉄の低さは、他の心のための栄養素の不足のシグナルにもなります。メンテナンスできていない家で例えますと、ヘム鉄が低いのを、柱にシロアリが巣食っている状態だとします。

シロアリだけを退治しても、雨漏りがしたり、壁紙がカビていては、家の状態はいいとはいえません。シロアリを駆除すれば、柱がもげて、家ごとくずれることは防げますが、快適な家にはまだほど遠いですよね。フェリチンが低いと、柱が壊れて、家がくずれるように、メンタルにも身体にも大きな影響がでますから、まずはここを補充すべく、ヘム鉄のサプリメントは必須になります。その上で、食事改善と他のサプリメントも試していただけると、他の問題点である、雨漏りを塞ぎ、壁を新しくするように、体調の向上とメンタルの安定をいち早く体感いただけます。