Y.Mさんから感想をいただきました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
Y.Mさんから感想をいただきました
 
小さいけど着実な変化が起きている。
1、
まず、ここ一週間、自分と向き合うことがほぼ、毎日できている。
ここ1〜2年は、向き合えてないわけでもなく、成長もあったが
向き合う作業があまりできていなかった。
でも、1日5分でも、できている。
2、
皮膚むしりのような癖がずっと消えずにいたが、やっている途中で「これは自分や周りをコントロールして、安易に結果を出したい気持ち」と気付けて止めることができるようになっている。
3、
上から目線やタメ口の人に、傷ついてイライラしていたが、巻き込まれたり、囚われる度合いが浅くなっている。
これは、この人の問題、と、傷が深くなりすぎずストップがかかる。
4、
ACに気付いた9年前は、自分で自分を癒すことなんてできるのか?と思っていたし
何をやってもあまり改善しなかった。
最近は、やったらやった分だけ、何かしらの変化は感じる。
行き詰まることはあっても、自然と答えの方から迎えに来てくれることも多いし、答えを貰えたら比較的簡単に突破できる。
自分で解決できる、という自信がほぼ確信に変わってきていたし、翔太塾に入って、さらに自分と深く向き合えるようになり、確信も強まった。
5、
おじさん、おばさんを見てもあまりイライラが少ない。
翔太塾に入るまでは、電車でとなりに自分より年配の女性や男性が座ると(人にもよるけれど)イライラして
「気持ち悪い」
「あっち行けよ!」
と、思っていて
席を移動することも多かった。
自分と向き合っていく過程で
関係のない周りの人に
「自分に寄り添わない父や母、祖母や親戚」
を投影していることに気付いて、あまりイライラしなくなった。
とくに、年配の男性へのイライラやキモい!という感覚、感情は
父に感謝しているし、概ね許しているけれど、よく観察していくと残っている激しい恨みや寂しかった気持ちを言語化できたことで
「この人は父じゃない」
「父には概ね感謝できている」
「それとは別に嫌だったことや、寂しさの解放が必要なだけ」
と気付けてから、そんなに気持ちが動かなくなった。
昨日、ラーメン屋で父くらいの年齢の父に似た雰囲気の男性が座った。
少し店員に上から偉そうで父みたい。不衛生な感じもするし、クチャクチャ音立てて食べたりすんのかな?嫌だな…と思っていたら、そうでもなかった。
「ねーちゃん、後ろに荷物置きあんで?」
と声をかけてくれたり
(淡々とありがとうございますと返すのが精一杯だった…)
店員さんにも、親切にされたら
「あ、おおきに」と少し笑ってたりするし
私が悪い所にばかり目が行き過ぎなんだ…と反省しながら穏やかに食事できた。
お客さんにも父と似た職業で、あまり清潔感がなく、父と重なる人がいるが
今のところ良い関係が築けている
色々と気にかけてくださっているし
プライベートの誘いもうけたが
こちらが感謝を伝えてまっすぐ気持ちを伝えたら、理解してくださり、変わらず親切に対応してくださっている。
あと、父の清潔感のなさに対するキモい!はなかなか抜けないけど
これは、私の中に認めなくない、自分に対してキモい!と感じている部分があるからだと思うので
見た目なのか思考なのか?何がどうキモいのか?を掘り下げて
父に対するキモい!も解消できたら良いと思う。

 

問題の【利得】の気づきを得て人生を変える、翔太塾(オープン心理利得セッション・サロン)はこちらから

https://www.reiki-de-kirei.com/psychotherapy/psychotherapy003#session04