三浦春馬さんの死から。自殺は自己満足ではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

こんにちは橋本翔太です。先日三浦春馬さんがお亡くなりになりました。心よりご冥福を祈りします。

三浦さんに関連して、今不安定な方が増えているので改めてここでブログと動画で皆さんにお伝えしたいことがあります。

●自殺は自己満足なのか

三浦春馬さんの姿についてあるYouTubeバーが「自殺は自己満足だ。残された家族や社会的な責任を何も考えていない身勝手な行為だ」ということを話していたそうです。

私はこの考えに真っ向から反対します。動画やブログでも繰り返し述べていますが、死にたい気持ちで追い込まれて実際に自死を選んでしまうと言う状態は、脳に何らかの不具合が起きています。脳機能に問題が起きています。脳が正常な状態ではありません。つまり肉体的な面において、問題が生じている状態です。

自殺に向かうのは脳という肉体面の病気の要素が大変強い

自殺と言うといまだにメンタルが弱いとか心の問題だとか無責任だとかと言うことを言う人がいるのですが、メンタル面の問題は脳の病気であり未来体の病気であると言う肉体面の側面があることを絶対に忘れないでください。

生き物が生きるようにプログラムされています。その生きるためのプログラムが正常に働かなくなり、死にたいと言う間逆の方向へ向かってしまう、これは肉体的に正常な状態ではないんです。

実際にこのように不具合が起きているときは、何をしても死にたいと言う気持ちに襲われます.。逆を言うとこの脳の不具合の機能が正常に働き始めると、ずっとその問題で死にたいと思っていたのに死にたい気持ちが消えて問題に正常と向き合えるようになるのです。

詳しくは拙著「聴くだけうつぬけ」をご覧ください

脳機能の不具合を直していくためには、投薬などの治療が必要になる場合もありますし、神経伝達物質を整えて脳機能正常にしていくために栄養療法のアプローチも非常に役立ちます。(栄養療法の項目をご覧ください)

ストレスやものの考え方の癖認知の歪みによって脳機能に問題が出ている場合には心理セッションも当然役立ちます。

言い方を変えると、ストレスや環境によって脳機能が低下し正常に働くなり、その結果認知に歪みが生じて死にたい気持ちに襲われると言うことが起こります。

最後の最後まで家族や責任や社会への迷惑を葛藤する

今回あるYouTubeが自殺してしまうのは家族や責任を果たさない自己満足な行為だと言いました

彼に欠けている点は、自殺してしまうような性格の方は、多くが真面目で優しくて、他人を思いやり、最後の最後まで家族のことを考え、社会的責任を考えギリギリまで苦しんでいたと言うことです。

自殺は突然起きたように思うかもしれませんが、そこに至るまでに本人は何年も何年も葛藤します。

死のうと思うたびに、家族の顔が浮かんだり、仕事の責任が浮かんだり、自分が死んでしまったら多くの人に迷惑をかける。と言う思いで何度も何度も自殺を思いとどまり、そしてまた何とかして息を落としていきます。

その繰り返しを何度も何度も行い、死ぬほど辛いけれども何とかそこ思いとどまり、家族のことを考え、自分の責任を果たそうとし、また最後の力を振り絞って死ぬことを思いとどまり日常に戻っていきます

死んでしまうほど、実際に自殺を実行してしまうほど追い込まれている時点で、もういくら家族のことを思っても、社会的責任のことを思っても自分の苦しみに耐えられないくらい追い詰められてしまった結果、天平の片方に重さがかかり実施を選んでしまうのです。

決して自己満足で自分のことしか考えないで自殺を選んだのではありません。

わからなくていいから、何も言わないでほしい

自殺の苦しみはほんとにその場所で苦しんだ人にしか分からないと思います。ですから私が多くの方にお願いしたいのは、わからなくてもいい、理解できなくてもいい、だから適当な意見を、自分の思いつきを、自分の予想や憶測で、簡単に口に出さないでほしいということです。

自殺をしてしまうかもしれないと言う苦しみや恐怖の中で生きている人は本当に綱渡りのような日常送っています。

その人をさらに追い込むような言葉は絶対にかけてほしくありません。

●ヒント。死にたいと言う気持ちをいいかえてみよう

動画の中でこの死にたい気持ちをどんなふうに、おさめていったらいいかと言うヒントの1つとして、死にたい気持ちを言い換えてみようと言う話をしています。

死にたいと言うのはもうこれ以上この苦しい感覚を感じたくないと言うことです。この言葉に置き換えてみることで自分の死にたいの苦しい理由がはっきり見えてくる場合があります。

冷静になれる、自分を見つめるヒントになります。詳しくは動画をご覧ください