あなたのピアノで世界を包もう

⇒新サイトへ移動しました。

 

 





 

あなたの作った曲や演奏が、誰かの力に、あなたの輝きになる。

今度はあなたがヒーリングピアノを奏でる番です。

 

人口の一定数に、表現(演奏)や創作(作品づくり)をしないと、うつうつとして、人生の幸福度が一向に増えない人たちがいることがわかっています。逆を言えば、演奏や作曲をはじめると、あなたのメンタル面だけでなく、人生の質を向上させ、人生の流れまでよくなってしまう人たちが一定数いるのです。あなたもその一人かもしれません。

 

大丈夫、大人になった今からだって、ぜんぜん遅くない。

ヒーリングピアノなら、世界に一つの作曲も演奏もできるのです。

そしてその作品が、誰かを勇気づけ、あなた自身を支え、人生に新しい可能性が吹き込んできます。

自他を癒す音楽療法的なピアノ、癒しのピアノがヒーリングピアノなのです。 


ヒーリングピアノの演奏表現と作曲法に特化した日本国際ヒーリングピアノ協会が主催するこのサイトでは、ピアノの初心者からヒーリングピアニスト養成、プロピアニスト、講師育成まで、ご案内していきます。

 

未来の不安・過去の苦しみ・今感じる切なさや悩み。などをピアノで演奏・作曲・表現しはじめると、あなたのネガティブな感情ですら作品と演奏の力になり、それは多くの同じ痛みや悲しみを持つ人々を、何よりあなた自身を癒します。

 

巡り行く季節の変化、色彩、日々の生活からこぼれる小さな喜びや発見。これらを感じて作曲するようになると、人生が彩りにあふれ、表現という発散により心や体調までよくなっていきます。

 

ヒーリングピアノが持っている、人生まで変えてしまうパワーを手にしませんか。

弾くヒーリングピアノ

 


⇒ ヒーリングピアノの作曲や演奏が、人生の流れまで変えていく

 

⇒ あなたが、アーティスト向きかが、わかる簡易テスト

 

⇒ ネガティブで傷つきやすいことが、才能になる

 

⇒ 上手いピアノよりも、心がうるおうピアノが自他を癒す

 

⇒ 【ヒーリングコード奏法】でピアノに【想い】をのせられる

 

 


⇒ ピアノレイキを弾く講座について見る

 

⇒ ヒーリングピアニスト養成講座について見る

 

 


ヒーリングピアノの作曲や演奏が、人生の流れまで変えていく

人生まで変えるヒーリングピアノのチカラ

一般的なピアノスクールは、既存の楽譜曲を演奏することしか教えてくれません。

日本国際ヒーリングピアノ協会のカリキュラムは、あなた自身のオリジナル曲を作曲・編曲できるようになるのが、最大の特徴です。 ヒーリングピアノ奏法の手法を取得できるだけではなく、同時に、音楽療法的な発想やプロの表現者としてのステージングなども学んでいただきます。

 

あなた自身のオリジナル曲を作ることが、それを表現していくことが、あなただけのヒーリングピアノを確立していきます。あなたの過去の傷や悲しみまでも、日々の喜びや季節の色彩も、ピアノで表現できるようになっていきます。

 

そして、それらの作品を世に出していくことで、誰かを力づけ、それによってあなたも救われる、という相乗効果が生まれていきます。ピアノであなた自身を表現することが、あなたの人生に風穴をあけていくのです。

 

自分を癒すために、高めるために、強くなるために、ヒーリングピアノを弾こう

リスナーとして聴く受動的な音楽ではなく、能動的に音楽を活用する、つまり演奏することによって心のエネルギーを回復させる方法を、橋本翔太の著書【大丈夫、あなたの心は必ず復活する(角川中経出版)】でもご紹介させていただきました。

 

もしもあなたが、

・ピアノに少しでも興味があり、橋本翔太のピアノCDやヒーリング音楽を聴くのを好んでくれてい たり、

・実はピアノを習っていた経験があって、もう随分そのままだったり、

・結局、なんとなく目標もないまま、ピアノやめてしまっていたり、

・自分の感情や想いを曲にしていくことに興味があったり、

・ピアノが気になるけれど、もういい年だし、今からでは無理、とあきらめていたり、

 

するのであれば、ヒーリングピアノがお役に立てます。クラッシックピアノと違い、自分自身を表現し、自分や誰かを癒すことを目的とするヒーリングピアノを習うのに。遅すぎるということはありません。

●日々のストレスコントロールのために、

●QOL,つまり人生の質、喜びを高めるために

●あなたご自身を癒すために

●大切な人を癒すために

●自分自身を表現していくために

●強くてしなやかな心をつくるために


なにより、あなたの自己成長のために、当講座が役立ちます。

ヒーリングピアノで、人生まで輝きだす

不思議なもので、弾くヒーリングピアノ講座をはじめてから、人生が動き出す方がたくさんいます。

 

■イヤになって辞めたピアノで、伸び伸びと演奏する喜びを再発見し、自己が解放され、自分らしさがどんなものかわかってきた方。

 

■演奏で表現するようになったら、対人関係や仕事の場でも、自分んの意見をしっかり言える(表現できる)ようになった。

 

■仕事で企画のアイディアがよく浮かんだり、新しい思いつきを行動に移したりと、クリエイティブな感覚がとぎすまされ、生活も充実してきた。

 

■過去のトラウマや傷を曲にして演奏しているうちに、その曲に共感してくれる方からのメッセージなどをいただき、やがてその傷が気にならなくなった方。(これは昇華できたといえます。)


■死を考えるくらい落ち込む出来事を乗り越えるためにヒーリングピアノをはじめ、やがて演奏のためにステージに上がるようになり、好きなアーティストのライブにも足を運べるようになるくらい回復し、そしてそこで出会った方とお付き合いをはじめた方。


■やりたいことがわからなくて、この講座でピアノをはじめてみたところ、自己表現をピアノを通してするうちに、だんだんとモヤモヤしていたものがはっきりしてきて、自分の望んでいること、方向性が見えてきて、転職に成功された方。

 

■ヒーリングピアニストとして目覚め、事務員である一方で、アーティスト活動をはじめて、そしてその結果、毎日がどんどん充実してきている方。

 

■自分のいいところが見つけられるようになり、自信がもてるようになり、活動的になって、結婚することになるパートナーを見つけた方。


などと、ピアノ演奏を日常に取り入れることで、ピアノの演奏とは関係のないように見える、人生の様々な嬉しい変化を起こした方がたくさん出てきました。

 

驚くべきことですが、音楽にずっと人生を救われてきた橋本にとっては、ある意味、当然のことのようにも思えます。その方が自分自身を表現しはじめると、輝きだし、他のことにも精力的になったりするのはよくあることで、その表現の発信方法になれる音楽の力のすごさを改めて感じます。


様々な心のメソッドやスピリチュアルメソッドがありますが、より現実的で、効果的なヒーリングメソッドが、ヒーリングピアノを学ぶ講座でもあるのです。

 

これら受講生の様子をみる限りでも、この講座を広めていく意義を日に日に感じています。


まずは、あなたのための、ヒーリングピアノ

音楽の演奏といえば、イコール他人に聞いてもらうこと、という方程式がどうしても根強いのですが、僕が考えるヒーリングピアノとは、他人だけではなく、まずは自分の感情を癒し、日々の生活の中でピアノによって、心が充実していくことが大前提です。よって、

 

1 自分のために、自分を癒すために演奏する

 

という「弾くヒーリング」という発想が前提にあること、

そして、あなたの想いをのせて、癒しの力のあるヒーリングピアノを成立させるために、

 

2 オリジナル楽曲(編曲)であること。 

 

を非常に大切にしています。

 

オリジナル楽曲、つまり自分で作曲した曲、あるいは、自分が弾くためにアレンジした曲、

これらはとても難しい作業のように思えますね。

 

一般的のピアノ教室は、既存の曲を教えてくれても、オリジナルピアノ曲の作り方や、アレンジ方法までは教えてくれません。まして、自分の心の動きや感情、風や日の光の角度を曲にしていく方法は教えてくれません。

 

しかし当方では、ヒーリングピアノのためのオリジナル曲制作方法を、しっかりとお伝えします。

 

ピアノが初心者の方でも、オリジナルで曲を作り、そこに自分の想いをのせて、

演奏する、ということができるようになるのです。ここまでできるようになると、自然と

 

3 誰かを癒し、力になるような楽曲・演奏であること。

 

が成立します。独りよがりの音楽は、見ている方も気持ちのいいものではありません。しかし、1と2がピアノで表現できるようになると、自ずと、誰かの痛みをしずめ、よりそい、喜びに共感するような曲や演奏ができあがるものなのです。

 

 

なお、上級者は、ヒーリングピアニストとして、世界配信デビューまでサポートする講座も準備しています。

 

 

あなたが、アーティスト向きかが、わかる簡易テスト

いくつあてはまりますか?

次の項目に当てはまる人はズバリ、アーティスト気質、創作の才能を持っています

 

□気分にムラがある。おちこみやすい。
□他人のことが気になる
□相手に気を遣いすぎて疲れることがある
□ネガティブになりやすい
□悪い未来のストーリーを描きがち
□不安が強い
□その不安のせいで行動できないことがよくある。
□ぼーっと妄想しているときがある
□学校で、美術や音楽、家庭科、料理や工作の時間が好きだった
□季節の代わり目に、気持ちが揺れ動く
□うまくいかないと自分を責めてしまいがち
□他人のことが自分よりも優れて見える

 

 

これらに当てはまる人は、 エネルギーを芸術活動にむけることで、
自分でアートに取り組むことで、

気持ちが楽になり、かつ、眠っていた才能が目覚めて、 人生の滞りから解放されます。

 

それをピアノを使って行うのが、
日本国際ヒーリングピアノ協会のピアノ講座です。

 

 

そして残念ながら、この項目に当てはまる数が多いひとほど、 逆に言えば、


ピアノなど、アーティスト活動(創作・表現活動)をしないと、 なかなか、幸せになれない人です。

 

冒頭でもお話しましたが、人口の一定数に、表現(演奏)や創作(作品づくり)をしないと幸せ度が一向に増えない人たちがいることがわかっています。あなたもその一人かもしれません。

 

マグロは回遊魚で、一生動き続けますが、 それと同じイメージで、
アートに触れ、何らかの形で自己表現していかないと窒息し、
エネルギーが発散されずに、自家中毒をおこしてしまいます。

 

チェックボックスの裏に隠された才能をみてみましょう

■気分にムラがある → 人間はコントラストによってしか、現象をとらえられないので、ムラがあることで、多くのことに気づきやすくなる。温度差が激しいと、暑さはより暑く、寒さはより寒く感じるのと同じ。喜びや悲しみを、深くかんじてしまうタイプ。よって、気分のムラは優れた表現力につながる。

 

■他人のことが気になる → 余っているエネルギーが漏れている状態。創作活動や演奏活動にエネルギーが向くと、不思議と気にならなくなってくる。また、自分が他人からどう見られるかの客観視が得意なので、自分の見せ方が上手であり、他人を不快にさせるような表現はしない。

 

■相手に気を遣いすぎて疲れることがある →相手が気になるエネルギーは、相手の共感を引き出す作品作りに必須。独りよがりの料理や音楽は誰もききたくないものだが、このタイプはそのような創作はしない。

 

■ネガティブになりやすい → アンテナの感度が高いゆえ、ネガティブなものも受信しやすい。創作にアンテナを使用するようになると、ネガティブさを受信する隙がなくなる。

 

■悪い未来のストーリーを描きがち → 創造、想像力のエネルギーがある証拠。たくましい想像力ゆえ、必要以上の不安なストーリーを脳内でイメージできてしまう。創作やアートにむけると、この想像力が非常に活躍する。

 

■不安が強い → 感受性が強いがゆえに、その感受性がマイナスに向くと、不安が増幅してしまう。感度の高いアンテナを持っているようなイメージ。普通の人では拾えない情報や雰囲気まで拾ってしまうので、不安になりやすい。ただし、創作や演奏に必要な繊細なエネルギーを感じ取るのもこのアンテナであり、ヒーリングピアノなどの具体的な芸術活動に意識が向くと、エネルギーが不安に使われることがなくなっていく。

 

■その不安のせいで行動できないことがよくある。 → 上記と同様の理由。表現や創作をはじめることで、自然と不安は収まる。

 

■ぼーっと妄想しているときがある → 想像力・クリエイティブな力を、ある意味無駄使いしている状態。

 

■季節の代わり目に、気持ちが揺れ動く → この気持ちの揺れ動きは誰でも感じるものではない。作品へと表現できるようになると、才能として発揮される。

 

■うまくいかないと自分を責めてしまいがち → 自省の力はアーティストに必須であり、内にこもるエネルギーは、演奏や創作にとても大切。

 

■他人のことが自分よりも優れて見える → あなたが、先述した【人口の一定数に、表現(演奏)や創作(作品づくり)をしないと幸せ度が一向に増えない人たちがいる】に当てはまるから。あなたが欲している表現や創造をはじめると、自分らしさが現れて、他人が気にならなくなっていく。

 

 

このように、一見ネガティブに見えることが、裏返すとアーティトとしての才能になるのです。

アートとはそもそもなんなのでしょうか。

 

それは、生きていく上で感じた痛み、悲しみ、喜びなどを、抽象化し、
他人と共有できる形に置き換えていく作業。と日本国際ヒーリングピアノ協会は定義づけます。

 

つまり、あなたの苦しみや悲しみを、何かに置き換える作業です。
そしてこれが、大きな癒しをもたらし、かつ他人を幸せにする、
とても生産的な活動になります。

 

 

今ある、スピリチュアルや心理学のセミナーは、問題解決という名のもとに、
過去を持ち出して分析したり、 問題ごとなんとか消してしまおうとしたり、
視点を変えて、ものの見方を変えようとするアプローチばかりです。

 

 

そうではなく、その問題や、感情を、【昇華】してしまうことが、 日本国際ヒーリングピアノ協会のピアノ講座なのです。(どんな痛みや苦しみも、活用すれば、そこから必ずアートがうまれます。痛みや問題を、アートに変え、表現することで解放、昇華できるのです)

 

昇華とは、心理学用語で、満たされない思いや感情、出来事を、
別のより高度で社会に認められる形に変化させること。表現すること。です。

 

 

ネガティブで傷つきやすいことが、才能になる

弱いのではない。繊細という才能です

あなたは今、自分の「弱さ」で悩んでいるかもしれません。

些細なことで落ちこんでしまう、他人の影響をうけてしまう、他人の視線が気になる、

クヨクヨいつまでも考えてしまう、不安が強い、など

ネガティブな要素をなんとかしたいと思っているかもしれません。

 

しかし、これらのネガティブだと思える要素は、そのまま、ヒーリングピアノの才能になります。

ネガティブであることは、活用すれば才能になるのです。(ぜひ、こちらの簡易テストを行ってみてください)

 

あなたは、弱いのではなく、「繊細」なだけなのです。

その繊細さは、音楽、そして作品づくりに大いに発揮されます。

 

些細なことにも、つまり雨だれや、木漏れ日、遠くのヒバリの鳴き声、レンゲソウが揺れる夕暮れ、

そんな一コマから、メロディや、感情をつむぐことができます。

 

他人の影響の受けやすさは、外部の情報から、自分のフィルターを通して作品を創る、音楽を表現する源になり、相手を思いやり、その思いをメロディのせて伝える才能になります。

 

クヨクヨ悩んでしまう、未来のことを考え不安になるのは、ストーリーを創り、ひとつの出来事をふくらます才能になります。音楽というストーリーを奏で、オリジナル曲を創る才能にもつながるのです。

 

これは、こじつけではありません。

 

実際、講師の橋本翔太自身も、繊細で、他人のことが気になり、クヨクヨ悩むし、未来の不安がふくらんで、ひどい未来予想図を描いたりして、一人で落ち込んでいるときもあります。

 

この性格には、昔から悩まされてきましたし、楽天的で、サバサバと人生を歩んでいく人達をみて、うらやましいと何度も思いました。

 

しかし、このネガティブな気質は、ヒーリングピアノというステージの前では、全てが才能へと変化します。橋本翔太のネガティブな性格がなければ、ピアノレイキもピアノセラピーも、生まれることはなく、メロディをつむぐこともできなかったのです。

 

悲しみを知っている人ほど、その人が奏でる音楽は、深みを増していきます。

 

あなたも自分の性格に嫌気がさすことがあるかもしれませんが、ヒーリングピアノで、その性格を逆手にとって、才能へと結びつけることができるのです。

 

何もしなければ、ただのネガティブな落ち込みやすい人で終わります。

しかしヒーリングピアノを奏でれば、ピアニストであり、アーティストへと変身してしまうのです。

 

 

ポジティブに変わろうとしなくていい

ですから、せっかくのあなたの才能をつぶしてむりにポジティブになろう、なんてしなくていのです。ネガティブさを活用すれば、いいのです。

 

世間はポジティブであることがいいこだ、という押しつけをしてきますし、ご自身も、ポジティブでいられれば楽になれると信じているかもしれません。

 

しかし、それでは、せっかくの才能をつぶし、偽りの自分で無理をすることになります。

 

ネガティブであることは自分の気質であり、生まれ持った才能だ。これを作品づくりや演奏表現に活かそう。そうやって視点をかえたときに、はじめて自分を受け入れることができたことになり、かつあなたのままで、あなたらしく、生きていくことができるようになります。

 

あなたに無いものを得ようと、ポジティブさをもとめるのではなく、あるものを活用し、才能としてそれを活かすことを考えましょう。

 

あなたが、悩みやすく、心が折れやすく、繊細で、苦しいときがあるのなら、なおのこと、

その気質をヒーリングピアノで転化させて、ヒーリングピアノの才能に変えませんか。

 


上手いピアノより、心がうるおうピアノが自他を癒す

ヒーリングピアノにピアノのテクニックは重要ではない。

クラシックを弾けなくても、技術が足りなくても、指があまり回らなくても、心配はいりません。


実際、弾くヒーリングは、自他のヒーリングが一番の目的なので、ピアノの高度なテクニックを必要としません。いたずらに指を回すことよりも、打鍵の粒をそろえることよりも

 

 

・空間の広がり、

・音の隙間から感じる匂い、

・休符の間から見える光、

・いつか見た、車窓から見える蓮華畑のピンク色を和音に託す、

・言葉にできない悲しみを、こぼれた涙を、鍵盤に落ちるひとつの音に変えて、

・悲しみも、切なさも、音へと昇華させる

 

このような要素が重要になります。そして、そんなことが、本当にできるようになります。

 

音楽の力は本当にパワフルです。

聴くことによる音楽の力は、みなさんご存知の通りですが、

演奏することによる音楽の力は、例えようがないくらい、すごいです。

 

みなさんも、カラオケに行ったことがあるなら、なんとなく感じられるはずです。

歌を歌うことは、歌を聴くこととは別の、素晴らしい解放感や高まりがありますよね。



音楽の演奏とは、誰かのために行うことも一つの側面ですが、それはあくまでひとつの側面にすぎません。観客がいなくても、演奏は成立します。自分のために演奏してあげることで、あなたの人生の枠が広がり、それにより心のエネルギーも回復することを認識できると、もっともっと音楽演奏の幅が広がります。

 

ある意味、とても強力な、ヒーリングメソッドともいえるのです。

 

誰かにきかせるための音楽演奏はもちろん、自分を癒し、高め、強い心を手にするために、ピアノ演奏をはじめてみませんか。演奏は、プロが行うものだとか、音楽の演奏は上手でなければならないとか、そんな、いつの間にか押し付けられた枠を取り払い、あなたの心のエネルギーのために、音楽を演奏してみませんか。


発表会で上手く弾くことがピアノ演奏、という観念を外そう

ピアノ経験者のみなさんに共通しているのは、人前で誰かに聴かせるためのピアノは一生懸命練習してきたけれど、

 

自分自身を癒し、自分自身が演奏そのものを楽しみ味わうための演奏方法を意外と知らないということです。

 

未経験の方も、人前で演奏できるほどではないから、と、ピアノをはじめようとしません。

 

しかし、いったい誰が、ピアノは誰かの前で発表するものであり、

ただ、ただ、自分の楽しみとして、人生の喜びとして、生活の質の向上のために

弾いてはいけない、と決めたのでしょうか。

 


ピアノは好きなのに、演奏の目的が全て他人を意識しすぎていることにつながるため、演奏が怖かったり、嫌いになっている人が沢山います。子供の頃のピアノの先生が、演奏そのものを楽しむことを教えてくれなかったのも原因のひとつです。それは発表会のためのピアノ演奏であり、あなたのためのピアノ演奏ではなかったのかもしれません。

 

 

音楽を演奏するというのは、決して特別な行為ではありません。昔から様々な行事や儀式などで、誰もが歌い、演奏する機会がありました。それは喜びを表し、時に悲しみを表し、それは人を慰め、言葉にならない感情を外に放出する手助けをしてきました。音楽を奏でることは、誰もが行ってきた、自然な行為なのです。

 


ピアノを演奏したり歌を歌っているときに僕がつくづく思うことは、言葉にならない言葉が音になり、言葉だけでは充分に表現できない感情が、演奏になるのだ、ということです。

 

あなたの思いや感情を音にのせて、音楽と一緒に流してしまう、それが日常で行えたら、気持ちがもっと楽になりますし、不安もおとなしくなり、心のエネルギーも回復していきます。うまく演奏する必要も、うまく歌う必要もないのです。あなたの色んな感情を音楽にのせて一緒に流してしまうために、演奏し、歌うのです。


そうするうちに、今、この瞬間を生きる、ということを、音楽を通して理屈抜きで集中できるようになります。


 

ヒーリングコード奏法でピアノに【想い】をのせられる

ピアノにあなたの【想い】をのせる方法

この講座で学べることは、ただ、ピアノが弾けるようになること、ではありません。

ピアノが弾ける人なら、たくさんいます。

 

ヒーリングピアノ講座の最大の特徴は、

オリジナル曲が作曲(編曲)できるようになる、ということです。

 

ヒーリングピアノとして成立させるためには、

技術もさることながら、一番重要なのは、そこに、奏者の「想い」がこめられていることです。

ピアノに、奏者の想いをのせて、演奏できているかどうか、なのです。

 

奏者の想いをピアノにのせるために、最も重要なことは、

 

◆その曲がオリジナルの楽曲であること。

◆あるいは、オリジナルアレンジ(編曲)がされていること。

 

この2つのいずれかの要素が入っていることです。

そしてそれか結果的に

 

◆誰かの力や励みになる楽曲

へとつながります。

 

橋本翔太も様々な曲を演奏してきましたが、オリジナル曲を演奏したときほど、

ピアノにヒーリングの力が宿る瞬間はありません。

 

一般のピアノ教室では学ぶことができない、

 

◆ヒーリングピアノのための、作曲法、アレンジ方法論

 

を学んでいただき、世界でひとつだけの、あなたの曲を制作していきます。

 

 

今からでも作曲が身に付く秘密はヒーリングコード奏法

しかし、ピアノで作曲ができる人、オリジナルアレンジができる人は、ごくわずかです。

この講座では、ヒーリングピアノとして、あなた自身に癒しの力を得てもらう一歩として、

ピアノで作曲ができるようになっていただきます。

そしてそれは、ヒーリングに特化したコード奏法を学ぶことによって可能になります。

コードとは、楽譜などに書かれている、C Am G♭ などの記号です。

 

これらは和音をあらわしており、これらの中でも、特にヒーリングに効果的な和音の「型」を学んでもらうことで、ピアノでヒーリング曲を作曲することが、あなたでもできるようになります。

 

 

コード理論は今までジャズ専門のスクールでしか習得できませんでした。簡単なコード修得でも、独学では限界があり、今までも、コードを学ぼうとして、頓挫してしまった方も多いはずです。

 

しかしここではヒーリングピアノを通して、作曲に必要なコードだけを学ぶことができます。ヒーリングピアノのために、複雑なコードを全て覚える必要はありません。ヒーリングピアノのために活用できるコードを厳選して、みなさんにお伝えします。(もちろん上級者には、複雑なコードを指導することも可能です)


作曲は、この「コード」という引き出し、多くの素材を持つことで完成度が高まります。
この講座を通して、ヒーリングピアノのに必要なコード進行、メロディー素材を習得することができます。


また、コードは語学習得と同じで、「聴く」と「弾く」ということが一巡してはじめて上達できます。よって、あなたの即興演奏に即興演奏で応えてくれる優秀な講師が不可欠です。当講座の講師は、いずれもコード理論の専門家であり、実際にオリジナル曲を演奏し、アーティストとしても活動する専門家です。楽譜通りにひくのではなく、あなたのオリジナリティを引き出す指導をしています。


コードを学ぶことで、あなたの音楽は自由と即興性を手に入れます。そこから、自分の感情を自由に表現することができるようになり、音楽、さらにアート全体の本質とは何か、を体感できるようになります。

今、多くのアーティストが、自分で曲と歌詞を作ることが当たり前になりました。しかし、一昔前は、作曲家、作詞家の先生に、楽曲をつくってもらうのが一般的でした。これはプロの世界に関わらず、今後はオリジナル曲で自分自身を自由に表現することが、音楽のスタンダードになるとわたしたちは考えています。

 

ピアノ演奏も、誰かの譜面を弾くだけなら誰でもできます。

そこに編曲や作曲を通して、あなたの作品を表現していくことがとても大切なのです。

 


演奏だけじゃない! アーティストとしてのトータルプロデュース

この弾くヒーリングピアノ講座のさらなる特徴として、

受講生がアーティストとして、自分の感性そのものを伸ばしていくために、


オリジナルヒーリングピアノ楽曲制作の理論指導、演奏指導のみではなく、それらを通し、受講生のトータルプロデュースという観点から指導をさせていただいています。

 

自分を癒す、という、基本からはじまりますが、
より、アーティストとして自覚を持つために、

 

演奏者としての普段の過ごし方や、効果的な自分の見せ方、

プロフィール写真の制作、レコーディングと動画の制作、iTunseでの世界配信デビュー、

 

効果的な衣装やステージでの立ち居振る舞い、
ステージでの心の在り方、緊張しない方法、

 

などを通して、型にはめていくのではなく、受講生おひとりおひとりの、アーティスト性、オリジナリティをさらに伸ばしていく指導を個別に行います。

 


FAQへ  進化する電子ピアノ。廉価で質も高く、ワンルームでも、問題ない。

ピアノがウチにないし、置く場所もない、という方へ。

 

■まず、現代のピアノ市場は非常に進化しています。電子ピアノで充分練習が可能であり、下手なアップライトピアノを購入するよりも、質の高い電子ピアノが安く手に入る時代です。非常に軽い電子ピアノも増えたため、練習以外の時は、壁に立てかけたり、ベッドの下にしまうことも可能です。スタンドや椅子も、もちろん折りたためます。何をどう購入したらいいかわからない方のために、ご希望をきいて、ピアノを一式そろえる方法もお伝えします。

 

■街のレンタルスタジオで、ピアノがある部屋を借りて練習するのもひとつの手です。結構探せば見つかります。

 

■公の施設で、ピアノがある練習室が借りられます。文化センターなどに併設されていることが多いようです。

 

 

このように、ピアノを取り巻く環境は大きく変化しており、敷居の高いものではなくなりました。

弾くヒーリングに少しでも興味がある方は、ご自身の飛躍のために、ぜひはじめてみてはいかがでしょうか。

 

奇跡とは、思いもよらなかった幸運です。そしてそれを起こすには、

思いもよらなかった行動をすることです。

 

自分のために、今、ピアノをはじめる。弾くヒーリングを学ぶ。

これほど思いもよらない行動はなかなか、ないのではないでしょうか。

きっとあなたの人生に飛躍をもらす一歩になると思います。